基本方針・基本目標

基本方針

 生産調整の見直しを軸とした政策の転機を迎え、JA秋田なはまげは「活力のある地域農業の振興と安心して暮らせる地域社会への貢献」をビジョンに、地区内の農畜産物の生産・販売に係る事業を通じ、「組合員の所得向上」と次世代へとつながる「地域農業の発展」を目指します。  その目標に向け、担い手の育成・支援、営農指導機能の充実を進め、これまで地域の特性を活かして形成してきた農畜産物の維持・発展と農業生産性の向上うを図り、地域ブランド化や新たな産地育成、販売力の強化に取り組みます。
 併せて「県央の食を担う強いJA」を目指し、食の安全・安心の確保、地産地消の推進に取り組み、消費者から信頼される農畜産物の生産と供給に努めます。

基本目標

1.集落営農、担い手の育成・支援による地域農業の維持・発展
 地域の特性を活かした魅力ある農業・農村創造に向け、「地域営農ビジョ ン」の着実な実践を行政関係機関と連携して進め、地域農業を支える集落営農・担い手支援に取り組みます。
 
2.消費者と連携した産地づくりの推進
 食の「安全・安心」対策の徹底を図り、消費者への的確なPR活動に努め、農産物の地場流通や農産物直売所を基点とした地産地消を促進するとともに、消費者との交流を通じ、地元に愛される産地づくりを進めます。
 
3.地域ブランドの確立による販売力強化
 地域の特色のある農畜産物のブランド化を図り、県内最大の消費地である秋田市を抱える地の利を活かした販売戦略を構築し、生産者手取りの向上を図ります。
 また、基幹となる新たな作目の産地形成や、地域の農畜産物加工等6次産業化を進め、販売力強化に努めます。
 
4.営農指導機能の充実
 事業拠点を中心に、組合員ニーズに即した信頼・満足される営農指導・支援を実践します。